動物の気持ち通訳します~アルコバレーノのブログ

アニマル・コミュニケーションを通じて、ペットと飼い主様の心の架け橋として、ペットの気持ち、飼い主様との絆、日々の学びや気づきを綴っています。

動物の気持ち通訳します~アルコバレーノのブログ イメージ画像
大切な家族の一員ペットを幸せにしたい・・・
命ある動物を救いたい・・・
そんな優しい貴方・貴女。その為に必要なのは〇〇〇です。
その〇〇〇を探してみませんか?

2014年07月

2度のアニマル・コミュニケーションを受けて下さった森様。1回目は、ワンコを理想的な最期で送り出せなかった事に深い悲しみとご自身に対して、罪悪感を抱えられていました。今は、たくさん泣いて、すっきりしてそしてまた歩き出して下さっているようです。2回目は残され
『ペットとの付き合い方』の画像

もし、ある日突然寝たきりになって介護が必要だったとしてその時、自分はどれくらいの収入を得られると 考えますか?ゼロ円?それとも、マイナス?2~3万円位手にできるかな・・・?あるいは、100万円?この金額は、自分が思っている<自分の存在価値>なんですって。何
『存在価値』の画像

7月6日私たち【かがわ“いのち”を考える有志の会】主催にて講師に、杉本彩さんをお招きして「動物愛護・“いのち”を考えるシンポジウム」を開催しました。現在、香川県では約40%の家庭で犬や猫を飼っています。しかし、その陰で、毎年多くの犬や猫が保健所に収容され
『動物愛護・“いのち”を考えるシンポジウムを終えて』の画像

多頭飼いの内の1匹が亡くなってしまうと他の子にも、少なからぬ影響があるものです・・・飼い主様に、その猫ちゃんは一所懸命何かを話してくるのですが、飼い主様ご自身がその子の気持ちを掴んでいないように感じアニマル・コミュニケーションの申し込みをされました。これ
『猫の気持ち』の画像

ご好評につき、大阪府堺市 にて<出張アニマル・コミュニケーション> を行います。 私達は、つい自分たちがあげたいものをパートナーに与えてしまいがち。そして、実は何年も、パートナーと心のすれ違いを起こしていた、なんてこともあります。パートナーと本当の心の交流
『イベント案内』の画像

↑このページのトップヘ